空き家を利用できるシェアハウス経営活用術

賃貸の面倒を避けたい

間取り

副業で大家業を始める場合は、専門業者の一括借り上げサービスを利用するのが賢明です。大家業は本業の片手間でできるような簡単な仕事ではありません。また、空室リスクのことも考えなくてはなりませんので、業者に一括借り上げしてもらうのが一番です。

不動産投資とセミナー参加

セミナー

不動産投資を考えている場合で、特に初心者では不動産投資セミナーへ参加することが効果的である。不動産投資セミナーへ参加する場合には、どのような内容で投資をするかあらかじめ決めたうえで参加するとより効果的である。

マンションの経営のツボ

マンション

資産運用のためのマンション経営には、工夫すべきポイントが多くあります。まず賃借人の求める条件などを的確に把握しておくことは大事です。また物件を管理する業者選びも大切です。そのため、こまめに連絡や報告をしてくれる業者がよいでしょう。

もっと見る

空き家を複数の人に貸す

お金

シェアするという考え

シェアは共有する、分かち合うなどといった意味の言葉で、何かのものを共同で利用することを指します。このシェアを冠したサービスとしてはシェアハウスやカーシェアリングなどが日本では行われています。シェアハウスの仕組みとしては、ファミリータイプの複数の部屋がある空き家を部屋のみを利用者の専用場所として貸し出し、キッチン、トイレ、バスやリビングなどは共用場所とするものです。メリットは貸す側にとっては複数の人に貸すことで収益率を上げることができますし、反対に借りる側としては単独でワンルームを借りるよりも低い家賃で借りることが可能です。このため都心部など賃料が高い地域での空き家の有効活用策としてシェアハウスという方法が使われるようになっています。

成功するには

シェアハウスを経営するには、通常の賃貸経営と異なって独特のリスクが伴うことになります。シェアハウスの経営でもっとも高いリスクが入居者の人間関係です。些細なことでトラブルになるケースもあり、それが嫌で出ていってしまう人も多くいます。このため入居者の管理も重要になってきます。一般的にはシェアハウスの入居者の中からリーダーを選ぶといった方法も行われますが、より中立的に貸し付ける側が管理者となるか、専任の管理者を雇うといった方法もあります。またシェアハウスでは建物のオーナーが建物や設備などが破損や故障した場合には修繕をしなければなりません。このためシェアハウスを直接経営するのではなく専門の管理会社に管理を委託したり一括借り上げしてもらうといったことで失敗のリスクを軽減することができます。